Y様邸テラス屋根設置工事

CIMG4213 CIMG4211

 

昨今の豪雨対策や日射を緩和する目的でテラス屋根の取り付けをさせて頂きました。

通常の玄関庇では軒の出が90㎝程度で豪雨時の雨除けにはいささか心細く、また日の出時の日射を遮ることが出来ません。また造作で下屋を作るとその自重から構造的な控えが必要になってしまいます。

そこで今回は熱線遮断ポリカーボネイト板の屋根葺き材を使用する YKKap ヴェクターシリーズでご提案させて頂きました。

奥行が約1.2mあり、日射も軽減してくれます。また骨材がアルミの為、部材自体が軽いので控え等も必要ありませんので、玄関前のスペースに駐車も可能です。