宅建協会の一般研修会

今日は大津市にございますピアザ淡海で公益社団法人滋賀県宅地建物取引業協会主催の平成25年度第1回一般研修会が開催されました。

今回の研修会は、「人口減少時代の不動産流通~逆境を逆転する中長期ビジョン」という演題で、現代社会研究所所長古田隆彦様にご講演いただきました。人口が減少するなか不動産業の今後の取り組みについて、通常の賃貸借以外にルームシェアやコレクティブハウス等、特徴のある住まい造りが必要で、その為には、「宅地・建物売買・賃貸仲介業」から「多面的な住生活提案業」に変わることが不可欠であるとご説明いただきました。2時限目と3時限目は、改正税法と人権問題についての講義を受講しました。今後の業務にとても参考になりました。

この研修会は一般の方も受講いただけます。秋以降、後2回開催されます。(滋賀宅建協会のHPで案内されます)お気軽にご参加ください!

 

公益法人に

コメントは受け付けていません。