大津市Y様邸 新築工事

大津市Y様邸 2011年4月 完成

F10100271-facebox

サイディング下地に、塗り壁で仕上ています。
表情豊かなパターンで、質感の高い個性的な住まいの装いを演出しています。

F1010028-facebox

F10100025-facebox

消臭、調湿、空気清浄化作用など、多機能な100%自然素材のシラス壁です。
無垢材との相性は、抜群です。

F10100113-facebox

F10100031-facebox

F1010008-facebox

床と壁を桧の無垢材で仕上げています。
美しさと暖かさが調和した、心落ち着かせる空間となっています。

F10100092-facebox

F10100103-facebox

F10100114-facebox

住宅の外観をシャープに飾るメイクスクリーン。
日よけや目隠し効果とすだれのように
和風のたたずまいにもフィットします。

F10100123-facebox

F10100133-facebox

F10100161-facebox

事務所スペースには、壁面に桧の無垢材
床面には素焼き調のタイルを施工し、穏やかな落ち着いた空間を作り出しています。

F10100182-facebox

F10100191-facebox

入口からの動線は、通風にも配慮し
風通しのよい間取りになっています。

img2414_file13

トイレスペースの間取りや、開口部部分は
車椅子での使用も考慮したものとなっています。
床はタイル張りです。

F10100221-facebox

F10100232-facebox

img2413_file11

造り付けの洗面化粧台です。

img2411_file1

オーダー家具の書類入れも、全体のコーディネートを損なわないように、質感、色調を合せています。

img2410_file1

事務室から居宅部分に通じる廊下と造り付けの家具。

img2402_CIMG35951

Y様邸のご新築工事が完成いたしました!

塗り方のパターンは街並みに合ったジョリパットの校倉です

img2404_file1

壁の桧羽目板と床の素焼きタイルで暖かい雰囲気の事務室になりました。

img2406_file1

img2397_kc1

オーダーメイドのキッチンを組み立てています。

img2395_file1

外構工事を施工します。

img2405_file1

外壁が塗れました。塗り方はジョリパットの校倉というパターンです。

img2393_file1

Y様邸の新築工事も終盤に近づいてきました。
2階部分にたて格子を取り付けました。この商品は三協立山アルミの「メイクスクリーン」で、外からの視線を遮断しながら採光・通風が行え、プライベート空間を快適に装うことができます。

img2392_file1

玄関タイルを施工中です。このタイルは、素焼きの素朴な風合いとタイルの機能を兼ね備えています。

img2390_F10100041

室内壁は中霧島壁を施工します。中霧島壁は、化学物質を使用しない自然素材(シラス)に徹底的にこだわり、化学物質を含まないため、健康的な室内を保ちます。
また、 専門機関によるシラス壁消臭機能の測定の結果、タバコやペットのアンモニア臭をほぼ30分で完全に消臭する機能もあります。

img2383_F10100011

天井のクロスを施工する前に下地のパテをします。

img2379_F10100011

外壁の下地を施工しています。

img2378_F10100071

外壁は「モエン大壁工法」にて施工します。

img2376_F10100021

内装壁の工事が続いています。施工している壁板は、桧羽目板です。
桧には美しい木肌と特有の芳香(ヒノキオール)があり、壁や床に使用することにより、リラクゼーションや精神安定効果が期待できます。

img2375_F10100021

内装壁を施工中です

img2372_F10100071

玄関戸が入りました。

img2369_F10100061

配管工事中です。

img2366_F10100011

外壁の工事中です

img2365_F10100031

階段を取り付けています

img2362_F10100011

大工工事も順調に進んでいます!

img2355_F10100051

断熱材を施工しました

img2354_F10100011

外壁の下地に透湿防水シートを施工しています。
透湿防水シートは、建物外部からの雨水の浸入を防止する防水性と壁体内に生じる湿気を外部に逃がす透湿性を兼ね備えた優れものです。

img2352_F10100011

屋根工事が始まりました。Y様邸は和瓦の施工となります。

img2349_F10100011

和室の床にスタイロフォームを施工しています。スタイロフォームは完全に独立した無数の気泡でできた発泡体の断熱材で、耐水性に優れ、板状で適度な硬さをもっているため加工しやすい材料です。

img2348_F10100041

大工工事中です。

img2345_F10100421

本日は大工さん6名、レッカーさん1名、ガードマンさん1名+弊社・久保君の合計9名で棟を上げることができました。皆様、ご苦労様でした!

img2335_F10100261

無事上棟することができました。これからも事故の無いよう、そしてY様のご要望にお応えできるよう、完成まで努めさせていただきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

img2344_F10100081

祝 上棟!

img2333_F10100071

足場が施工できました。間もなく上棟です!

img2331_F10100041

土台据えを施工しています。

img2328_y31

img2326_y11

基礎養生期間も終わり、型枠撤去です。撤去後 外周を埋め戻します。
いよいよ大工工事(土台据え)にバトンタッチです!

img2315_y31

ホールダウン(引き抜き防止の金物)固定後、コンクリートを打設します。
レベル(高さ)を確認しながら基礎天端にレベラーを流し込みます。基礎天端は土台が乗ってくる部分になるので、極力水平になるように注意して施工します。

img2309_y41

立ち上がり基礎の高さと寸法を確認しながら枠を組んでいます

img2307_y21

検査完了後、生コン車からポンプ車にコンクリートを流し込みます。
打設中です。
打設時に枠が動いたり、膨らんだりした場合の確認をするために枠に糸を張っておきます。
打設後、凍結予防にブルーシートで養生しました。

img2300_y11

瑕疵保険配筋検査を受けました。指摘事項なしで完了しました。
検査中です。

img2295_y21

トランシット(角度を計測する測量機器)で、建物の配置を正確に測定しています。
上記の測量の結果を基に、基礎型枠を組んでいきます。

img2299_y21

・外周部捨てコン打設

img2294_y41

・断熱材敷き込みの上、防湿シートを被せます

img2293_y31

基礎工事を着工中です!
・砕石敷き込みの上 ランマで転圧

img2290_file1

給排水管の仕込み中です。
通行の安全確保のためフェンスを設置しました