K様邸 新築工事

K様邸 新築工事 2008年完成

CIMG00151

CA380210

CA380254

CA380252001

CA380253001

CA380260001

CA380261001

CA380262001

img1195_ky11

キッチンの後方にカップボードを取り付けました。ゆったり収納できます!

img1193_k

システムキッチンは松下電工(現パナソニック電工)のフィットアイです。フィットアイには、 「おそうじラクラク」「タップリ収納」「ラクラク動作」「安心、安全への配慮」という4つのこだわりがあります。特にフラットな設計で汚れのつけ入る“ス キなし”“スキマなし”の優れものです!

img1179_toko

床の間です。トステムのコートライン(格子)がポイントです。

img1171_kyu

松下電工のキュビオスを設置しました。
キュビオスはお部屋の間取りにぴったり納まるように、横幅はミリ単位でのサイズの変更が可能です。また、天井の梁(はり)などの突起に合わせて加工できるので、造作家具なみの納まりの良さを実現します。空間にぴったり融け込み、様々な収納プランを演出できる優れものです。

img1163_you

LDKの天井にシーリングファンを取り付けました。シーリングファンは部屋の温度を均一にし、効率よく冷暖房することができます。

img1162_KM0

トイレはタイル張りです。

img1146_kasagi

バルコニーに笠木を取り付けました。笠木はバルコニーの上部に被せるように取り付け、雨水の侵入などを防ぎます。

img1123_ky4

玄関吹き抜け、クロスが貼れました。ゆとりがあり立派な玄関です。

img1120_ky6

システムキッチンが収まりました。作業中のため一部しか見えませんが、養生シートが取れるとスカッとします。

クロスを貼り始めました。LDKは吹き抜けのため、室内に足場を組んで作業をします。

 

クロスを貼る前にパテ塗りを施工します。

img1108_file-four

 

1階と2階の間に「蔵のある家」です。たくさん収納できそうですね!

 

LDKは吹き抜けになっています。天井が高いですね。

img1104_file

部屋らしくなってきました。

img1095_sannsou

2階バルコニーにFRP防水を施工しました。FRPは漁船、浴槽、水タンク、ヨットなど色々な用途に使用されている優れもので、建物の内部に雨水などの浸入を防ぐ役割をします。

img1078_file

大工工事も進んでいます!

img1063_ky9

外壁サイディングの施工もあと少しで完了です!

img1059_km

ユニットバスの組み立てが完了しました!

img1036_yk1

電気配線工事中です。

img994_ktei3

中間検査合格しました!法的検査以外に、第三者機関及び松下電工の検査を受けています。安心です!

img973_file

玄関の上にサッシが入りました。

img959_file

壁面にケナボードを施工しました。ケナボードは環境に優しい自然素材・ケナフを使用。ホルムアルデヒド放散量も少なく、人にも優しいボードです。
ケナフは、西アフリカ原産のアオイ科フヨウ属の一年草で、成長がとても早いため、木材に代替しうる非木材資源として脚光を浴びています。光合成能力にも優 れているため、二酸化炭素の吸収量が多く、エコ材料としても注目されています。その他にも、高強度・壁内結露を防止・薄い・軽い等優れた建材です。

img958_kyteiyane

大屋根のカラーベストを施工しています。

img937_file

無事に棟が上がりました!大工の皆様ご苦労様でした。
1階と2階の間に蔵(収納部分)があるので、思っていたより大きく見えます。

img930_file

上棟です。1階と2階の間に蔵があるため高く見えます。午後2時現在、2階部分の作業中です。

img928_file

上棟です。午前8時から始めて、9時現在で1階部分の作業中です!

img927_asiba2

足場の組み立て作業中です。もう直ぐ棟上げです。

img922_ky3

1階床組を施工中です。スタイロの上に構造用合板を施工していきます。

img907_file

基礎に土台を乗せます。土台が乗る天端部分は左官屋さんにモルタルで平らにしてもらっています。アンカーボルトとナットで土台をしっかりと基礎に伏せ完了です。

img880_file

基礎立ち上がり コンクリート打ちです。
レベル(水平高さ)を確認しながら、ポンプで打設していきます。

 

img874_GetAttachment21

配筋検査
配筋検査がありました。検査は第三者機関のジャパンホームシールドの検査員が 配筋ピッチ、かぶり厚さ、継ぎ手重ねしろ等を細かくチェックしていきます。検査終了後、検査員の方からお褒めの言葉をいただき、担当の久保君が喜んでいま した。何事も基礎が大事です!これからもいい仕事期待しています!