大津市Y邸 新築工事

大津市Y邸 新築工事

IMG_01911

CIMG00083-facebox

IMG_0178

IMG_01402

IMG_0141

IMG_0143

IMG_0147

IMG_0149

IMG_0138

IMG_0139

IMG_0150

IMG_0151

IMG_0160

IMG_0154

IMG_0159

IMG_0213

IMG_0161

IMG_0163

IMG_0165

IMG_0166

IMG_0167

IMG_0172

IMG_0175

IMG_0176

IMG_0179

IMG_0189

IMG_0200

IMG_0209

IMG_0181

img125_IMG_0167

2階洗面所

洗面化粧台はガラス製で壁はタイル仕立てになってます。

img128_IMG_0142

キッチン

キッチン横に食品庫を設けました。

img124_IMG_0136

システムキッチン
オーメイドエクシモ「I型+アイランド」を施工いたしました。こちらの商品はオーダーメイドです。

img117_IMG_01991

リビングから見るパティオ。良い眺めです。

img116_IMG_0108

キッチン

壁もINAXの輸入タイルを張りました。

img115_IMG_0132

パティオ

玄関と同じタイルを張っています。

img111_P1010172

玄関ポーチにINAXの輸入タイルを張っています。輸入タイルは大きさや色が不揃いですが雰囲気がありなかなか良いもんです。

img107_P1010260

システムキッチンの取り付けが出来ました。厳重に梱包されてるため中は見れません。

img104_P1010258

設備工事
いよいよシステムキッチンが入ります。

img100_P1010268

外壁工事
4回塗りの工程になっており、3回目の塗り作業に入りました。
白く見えるところが、3回目の塗り部分です。

img96_1

クロス工事も終盤になりました。

img93_IMG_0040

塗装工事
破風(はふ)の塗装をしてます。

img92_P1010238

内装工事 クロスを貼り始めました

img90_P1010235

左官工事
外壁の中塗りを始めました

img88_P1010241

内装工事
クロスを張る前に下地を整えてます。

img86_P1010238

防音室
防音効果のある天井が張れました。

img83_P1010240

img82_P1010239

内装
クローゼット扉と引戸が入りました。

img62_P1010185

img61_P1010181

外壁の下地が塗り終わりました。
防音室を設けるため、防音シートを施工いたしました。

img38_P1010194

左官工事(下地部材を施工)

img32_P1010188

外 壁
外壁の下地材が施工できました。

img29_P1010183

栄四郎瓦(パステルクレイ)
屋根が葺けました。今回使用した[カパラスKJ40]は、日本の気候条件に適した耐久性を持ち、温もりのある質感に、パステル調の「色むら」が特色の「オールドテラコッタ瓦」です。

img16_P1010137

img25_P1010163

ケナボードS
壁面にケナボードSを施工しました。ケナボードSを使用することで、耐震性のアップ、結露防止などの利点があります。そして、環境にやさしいケナフ素材を使用しているので、ホルムアルデビド放出量もF☆☆☆☆をクリアし、安心で人にやさしいボードです。

img15_P1010128

img12_aaa.jpg

上棟です。

img1_file

上棟前に1階の床組をします。テクノストラクチャーでは床束は鋼製のテクノ束、さらに大引きの両側をL型金物で補強します。それぞれの部位で使う釘にも細かい指定があり、大引き金具は亜鉛メッキした65の釘で固定します。

img0_file

上棟に向けて先行足場が組み上がりました。

img57_file

基礎は養生期間中。この間に外部配管工事を行っています。

img56_file

基礎立ち上がり型枠がとれました。基礎部分は玄関ポーチ部分を打ち増しした後土台敷き迄養生します。養生期間と並行して配管工事には入ります。

img53_file

基礎立ち上がり生コン打ちです。

img52_file

立ち上がり型枠施工中です。

img51_file

ベースコンクリート施工中です。

img50_file

(財)住宅保証機構による第1回現場検査(基礎配筋検査)が無事指摘事項なしで終了しました。

img48_file

配筋工事中です。今回Y様邸は「耐震住宅工法 テクノストラクチャー」で建てさせていただきます。テクノストラクチャーでは地耐力調査を必須とし、その地耐力また建物間取りや構造全体の荷重のバランスをふまえて松下電工が構造計算をし最適な基礎を設計します。

img46_file

砕石を敷き詰め入念に転圧しているところです。

img45_file

基礎工事がスタートしました。

img16_file1

地盤調査をスウェーデン式サウンディング試験で行っているところです。