Y様邸増改築工事

P1030107 P1030104

 

クローゼットの扉の替りとお部屋の間仕切りにアコーディオンドアの取り付けをさせてもらいました。

扉に比べて開閉スペースが小さく済みますので、物の出し入れに大変便利です。

 

P1030049

 

リビングのクロス貼り替えが進んでいきます。

お部屋の一面に色調の違うクロスを貼ることで、アクセントとなり

今までと少し違ったリズムが空間に生まれます。

P1030047

 

仮設足場を撤去しました。

今回外壁に使用させてもらった塗料は

日本ペイント㈱の外壁用セラミック変性シリコン系塗料の水性シリコンセラUVという

非常に長い名前のものです。

「美しさ」「清潔さ」「強さ」を併せ持った紫外線に強い塗料とのうたい文句通り

かなりの高性能です。単価だけがもう少し下がれば言う事なしです。

P1030026 P1030027

 

和室では聚楽壁の塗り替え、洋室では壁紙の張り替えが進みます。

P1020993

 

樋の中にある黒い物は、落ち葉による樋の詰まり防止器具その名も「つまらない」!

今回サービスで付けさせて頂きました。

つまらない商品にならない事を祈るばかり・・・

P1020932P1020885

 

大屋根2回目の上塗りが完了しました。画面上非常に見にくいですが、屋根材の重なり部に「タスペーサー」という縁切り部材が入っています。塗り替え時に部材間の縁を切らないでおくと、毛細管現象による吸い込み等で屋根材裏に雨水が溜まったり、雨漏れ、腐朽の原因になります。少しの手間で大きなリスクを回避することが出来ます。

P1020868 P1020826

 

屋根 遮熱シリコン塗料「サーモアイSi」の上塗りに掛かっています。

遮熱塗料は色の明度、彩度により反射率が変わってきます。今回施工させて頂いている

爽やかな色合いの「クールライトグリーン色」は日射反射率が62.3%と遮熱塗料の中でもトップクラスの数値です。

外部塗装工事と並行して室内内装工事が進んで行きます。

P1020814

 

屋根洗浄後、下塗りの工程に入ります。

今回、屋根の塗料には日本ペイントの遮熱塗料「サーモアイ」を

使用します。「サーモアイ」には下塗り材にも遮熱性能がある為、上塗り材と合わせて

ダブルで反射性能が見込めます。

P1020819 CIMG2430

塗装工事スタートです。

まずは屋根、外壁面を高圧の水で洗浄します。どれだけ良い塗料を使用しても既存面に汚れ等が付着していると塗料が定着せず、剥離の原因になります。時間を掛けてきっちり洗浄します。

P1020758 P1020761

 

再び地震に強いラスカットの登場です。

1階リビングの掃出し窓の取り替えをさせてもらいました。

アルミサッシは断熱材とともに近年の建築資材の中で最も進歩したものの一つです。

最大瞬間風速50m/sの台風にも耐え、外からの騒音も約25db軽減します。

更に開口部にとって最も重要な断熱性能も次世代省エネ基準に適合するLow-e複層ガラスを使用することにより冷暖房効果が向上し、年間の光熱費の大幅な節約も期待できます。

 

P1020736 P1020735

 

増築部木工事も大詰めです。

フローリングは、ワックスがけが不要で汚れが付きにくい表面加工を施した

パナソニックの新製品 フィットフロアーのウォールナット柄を貼らせてもらっています。

P1020713

 

増築部外壁下地材には、地震に強い「ラスカット」という部材を使用しています。

従来の木ずり壁との比較では約9倍の強度を記録しました。

防虫、防蟻、防腐処理済みで、強度だけではなく耐水性、耐久性にも優れています。

 

P1020659

 

柱を建てて梁を掛けていきます。

 

P1020656 P1020655

 

下屋の一部を開口して、新たに部屋を造ります。

 

P1020648 P1020650

 

Y様邸増改築工事が始まりました。

足場を組んで2階の増築工事からスタートです。